スポンサード リンク



YouTube が遠くなる日

YouTubeが著作権違反の動画対策に乗り出しました。ひとたび違反だと判定されると、関連する動画は一切アップロードできなくなるかもしれません。
GoogleYouTubeの違法動画アップロード対策として、投稿動画の音声を抽出し、あらかじめデータベースで管理されている著作権音声情報をすりあわせることで、動画が著作権違反かどうかを判断するというフィルタリングシステムを導入する計画なようです。。。
YouTubeはGoogleに2006年10月に16億5000万ドルで買収されています。そのYouTubが米メディア大手Viacomに著作権侵害の疑いで提訴されました。勢いの衰えないYouTubeとそこで横行する著作権侵害問題はさまざまな波紋を呼んでいましたが、Googleがやっと重い腰を上げたという感じでしょうか。YouTubeでプロの作品を公開すれば大きなトラフィックを得られることから、Googleはわざと対応を遅らせているのだと非難する声も上がっています。

動画配信サイトは英国の新興企業Jalipoなど数社が現在稼働中です。
動画を見たり自分のブログなどに取り込めたりでき、活用法によりアクセスがぐんと伸びるため、利用者は増える一方で、著作権に関する摩擦がひどくなってきていました。
ファイル共有ソフトのように、どのように規制するかが問題となっていました。

今回は音声フィルター導入程度で済みましたが、動画メインのサイトには打撃になるんでしょう。
これで終わりとは思えません。

ホームページとブログの差別化、動画配信規制。。。あきらかに時代は動いています。

本来、読者のために、テキストに画像や動画を貼り付けて記事コンテンツを充実させるのですが、アクセスアップのための手段として単に動画を貼り付けるだけのサイトも増えてきました。著作権の概念も希薄になっています。
実際、動画を貼り付けるだけで簡単にアクセスが集まるという事実があります。

グーグル、ヤフー、MSNなどに代表される検索エンジンは、読者のためのコンテンツの充実という観点から、こういった簡単なアクセスアップの為の手段を排除していく傾向にあります。
ユーザビリティの向上が求められているんです。
地道な作業の積み重ねが、時間はかかるかもしれませんが、何をするにも大事だという事でしょうか。。。
(引用:CodeZine,CNET Japan,CNET Japan,CNET Japan)


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

YouTube が遠くなる日
Excerpt: YouTubeが著作権違反の動画対策に乗り出しました。ひとたび違反だと判定されると、関連する動画は一切アップロードできなくなるかもしれません。 GoogleはYouTubeの違法動画アップロード..
Weblog: NEDIA
Tracked: 2007-04-24 19:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。