スポンサード リンク



Windows Vista 騒動

「Windows Vista Capable PC ロゴ」というのがVista登場前の商戦時にいろいろなパソコンに貼られていたのを覚えているでしょうか?
このWindows Vista Capable PCというのは、中にはXPがインストールされているが、問題なくVistaが動きますよ、ということを証明するロゴだったのですが。
これはXPの買い控えを防ぐために作られたモノだったわけですが、当然ながらこのロゴが貼られているからといってVistaの全機能がフルに使えるわけではなかったため、さらに「Windows Vista Premium Ready PC」というものが登場。
こちらはちゃんとVistaのウリであるAero機能などが使用できるようになっています。

で、今回問題になったのはまさにこの差異の部分。
つまり、「Windows Vista Capable」と書いてあるのに、Vistaの機能がフルに使えず、しかもマイクロソフトが「Vistaとはこういうものですよ〜」と宣伝しているのは「Windows Vista Premium Ready」の方であるため、これは詐欺ではないか?
ということで今回の裁判に至ったわけです。

原告側は、マイクロソフトは「Windows Vista Home Basic」がVistaのフル機能を利用することができなく、アップグレード対象としてふさわしくないことをわかっていながら消費者を不公平なマーケティング活動によってだましたとしています。

マイクロソフト側は、それぞれのバージョンの差異を明らかにする努力をしているのにそれを見落としているだけだとして、抗戦の構えを見せています。

どう思いますか?
はっきり言って、Vistaの種類を明らかな能力差によって2段階に分けて、下位モデルにアップデート可能としてXPを販売したマイクロソフトの販売戦略と、詳しく調べないで購入したユーザーの争いだと思います。
法的にはマイクロソフトは違法では無いと思いますが、消費者保護の観点から考えるとあまりにも戦略を練りすぎかもしれませんね。
長い目で見ると、企業の信用の獲得という事も大変大事な販売戦略だと思いますが・・・。
(引用:Gigazine)

スポンサード リンク
この記事へのコメント
エディションの分け方は、以前から問題視されてましたからね。
どんな形であれ、この件に関してユーザーが注目するのは良いことだと私は思います。
Posted by 釣られ人 at 2007年04月04日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。