スポンサード リンク



スパイ行為

Oracleは米国時間3月22日、同社の顧客サポートセンターに侵入し、プロプライエタリなソフトウェアコードを違法に複製して持ち去ったとして、競合するソフトウェア大手のSAPを提訴しました。
SAPと言えば・・・
SAPと言えば、Hewlett-PackardやMicrosoft、Cisco Systemsといった大手企業向けに製品を販売したり、企業買収などでかなり業績をのばしつつある企業です。

明らかにOracle社とは、競合しています。
競合する同士の争いは、熾烈ですね。

以前、日立が訴えられた事件を思い出します。

ただこういった事件は社会的影響が大きい割には、あっさり知らぬ間にかたずいてしまいます。

ライブドアの事件は個人にも会社にも大きく影響を与えました。

違いは何でしょう?
個人と法人の境は?

政財界とのパイプの太さを考えると、意外にわかりやすいのかもしれません。
後々もっと調べて掘り下げたいと思います。

(参考:CNET Japan)
スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。