スポンサード リンク



HTMLの新しい標準が計画されている?

そんなにHTMLについて詳しくなくても、webサイトを運営していく以上避けて通れないものですよね。
てっきりXHTMLオンリーに切り替わると思っていました。
でも・・・

World Wide Web Consortium(W3C)が次世代HTML標準の策定に向けて新しいHTML作業部会を設定しました。
HTMLは既に過去のものであり、この標準についてはもはや新しい作業は行われないだろうというのが、しばらく前からの共通の認識でした。そして、Web 開発の標準はすべてXHTML(Extensible HTML)に移行していくものと思われていた。だが今、W3CはHTMLの新版のリリースを計画しているだけでなく、そのために全く新しい作業部会を設置するとまで言っています。

また、新HTML作業部会は、XHTML標準やWebFormsやXFormsなどの取り組みとHTML新版を密接に連携させるという方針です。
こうした方針により、願わくば、各標準が時々思い出したように改良されるのではなく、どれもが平行して改良されていくようであれば理想的です。

W3C標準化団体の作業ペースからして、おそらく、新しいHTML標準の作業草案が完成するには1年くらいかかるだろう(この新標準がHTML 5.0と呼ばれるのか、あるいはもっと別の名で呼ばれるのかは、現時点では定かではない)。そして、作業部会の設立趣意書に基づけば、標準の最終版のリリースまでには3年ほどかかる見通しです。

だがWebアプリケーションを開発したり、Web開発用の製品を開発している向きは、新しいHTML作業部会の動きを注意深く見守る必要があるだろう。これまでの標準のケースからして、複数の陣営がそれぞれ、すべての関係者にとって必ずしもベストとは言えない方向に、その標準を引っ張りこもうとするだろう。関係する陣営はいずれも、そうした類の動きを警戒する必要がある。

どれかに一本化するというのではなく、それぞれ進化させるみたいです。
ここまでHTMLが浸透し、さらに応用されている現状を軽くは見れないという事でしょうか?
HTMLもXHTMLも全く違うというものではないですからね。
ただ、SEO的には今後どうなっていくのかが興味あります。
例えば同じ内容のサイトでも使用言語によって検索結果が違うということは、十分ありえます。
今後もいろいろ議論必至ですね。
やはりしばらくは、この話題から目が離せませんね。

(引用:ITmedia News)


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。